園長日記

ひとつ

 

ラグビーのW杯は南アフリカ代表が優勝し幕を閉じました。日本代表は目標にしていたベスト8に進み前回大会からさらに躍進を遂げました。ラグビーには印象的な言葉が多くあり、この間それらを耳にすることもよくありました。例えば「no side」。試合が終われば敵も味方の区別がなくなり、互いに健闘を褒めたたえるという精神を表します。また、「one for all,all for one」(ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために)という言葉も非常に有名ですし、さらには「one team」という言葉が代表チームのスローガンのように用いられもしました。

さて、これらの言葉はとても耳障りの良い言葉に思います。「ひとつになる!」ということが美しいことのように聞こえます。ラグビーW杯が終わって、東京オリンピックのマラソンと競歩の開催地が東京から札幌に変更になったことが話題になっています。その中で、「決まってしまったのだからノーサイド。ワンチームの精神で頑張りましょう」という趣旨のことが言われ、「ひとつになる」ことが何より大事という雰囲気が醸成されている気がします。でも、わたしはなんだかこの雰囲気が少し怖いなぁと感じています。

本来の「no side」や「one team」にはそれぞれの「違い」が尊重されている背景があるはずです。チームの違い、ポジションの違い、国籍の違い、得手不得手の違い。たくさんの違いが集まって、多様な背景があるからこそチームとして力が発揮され、試合後には喜びも悔しさも共にしながら互いを認め合う。そういう意味での「ひとつ」なはずです。けれども、今わたしたちの暮らしの中で使われる「ひとつになる」という言葉は多様な価値観を排除して作り上げようとしている「ひとつ」のような気がしてならないのです。異なる意見はなかったことにして、押し通してしまう。異なる思いを発する人は徹底的に批判される。本来、いろんな思いがあって、一つひとつ折り合いをつけながら話し合われ、作り上げられていくべきことが、しかしながら力の強い方、数の多い方が優先されて「ひとつ」とされていく。「ひとりがみんなのために」ということばかりが強いられ、「みんながたったひとり」のために、またその「たったひとりの声」に耳をかさなくなってしまってはいないでしょうか。

リタ幼稚園では「一人ひとりの違いを大切にすること」を保育の柱に据えていますが、それは今の時代を生きる上で非常に重要な事柄だと改めて考えさせられています。

 - 日記

今日が大切な一日であることを

 

円山公園に園外保育に出かけました。晴天に恵まれて、思う存分楽しい時間を過ごすことができました。また、円山公園に行くにあたって「公園でたくさんの自然と触れ合い親しみ、秋を感じてほしい」と思い、そのために公園に行く前に、クラスではトンボやどんぐり、お花などの写真を見ながらイメージと楽しみな気持ちを膨らませたりもしました。
公園ではたくさんのどんぐりや松ぼっくり、栗の実を見つけて嬉しそうな笑顔がこぼれました。「この木がどんぐりの木だよ」とちゅうりっぷ組の子どもに、言葉をかけているさくら組の子どもの姿を見られました。
木の実だけではなく、昆虫も大人気です。幼稚園の園庭ではなかなかお目にかかれない大きさのバッタをつかまえて大興奮です。
でも、幼稚園に帰る時にはつかまえた生き物を公園に返すお約束でした。一生懸命に追いかけて、つかまえた生き物を「連れて帰りたい!」と先生に交渉している子どもがいました。先生はつかまえることのできた喜びと、放さなくてはいけない悔しさを受け止めながら「このバッタさんのお家は円山公園だから、お家に帰してあげよう。連れて帰ることはできないけれど、写真に撮って幼稚園のお部屋に飾ろう」と子どもたちとお話をしていました。
虫かごから放すとき、子どもたちはきっと悔しかっただろうし、悲しかったことでしょう。でも、一人ひとり、それぞれに納得したり、気持ちを少しずつ切り替えながら、ちいさないのちとの別れを惜しんでいました。
私はその姿をみて、きっとこの日はこの子どもたちにとって、忘れられない一日になったのではないかと感じました。残念ながら、何事にも限りがあり、終わりがあります。それはとても辛いことですし、寂しいことです。でも、限りがあるからこそ、私たちはその瞬間を大切にすることができるのではないでしょうか。
終わりがあると知っているからこそ、その出会いや、いのちは尊いのではないでしょうか。
そして、子どもたちを含めた私たちにとっての一日一日がかけがえのない、大切な日だということを、あのとき、別れを惜しんで、葛藤した思い出をとおして気がついていくのではないかと思います。

 - 日記