園長日記

こどもたちの寝顔から

 

降園バスに添乗していた時のことです。ある子どもが年下のきょうだいのことを次のようにお話ししてくれました。

 「お家ではよく喧嘩をするんだけれど、寝ている顔はとっても可愛いんだよね。けんかをしても寝ている顔を見ると『まあいいか』ってなるよ」と。私はそのお話を聞いて「『まあいいか』ってとどんな気持ちのこと?」と聞きました。すると「う~ん、優しい気持ちかな」と答えてくれました。

小さなこどもの寝顔を見ていると不思議と、あたたかい気持ちになります。こどもたちは特別に何かをしたのでしょうか。特別な成績をおさめたとか、そういうことではありません。眠っているだけです。語弊を恐れずに言えば、無力な存在です。それなのに、その寝顔は人の心の中に優しい気持ちを届けます。心を動かします。私はこのことから一見、無力に思える小さなこどもたちの中に、人の心をあたたかく照らす希望があると感じます。

クリスマスは神の子であるイエス・キリストの誕生を祝うときです。イエスは神の子であるにもかかわらず、ベツレヘムという小さな町の馬小屋の中で生まれました。ひっそりと世界の片隅のような場所で、そのいのちの歩みが始まりました。聖書はイエスのことを決して力強い、英雄のような形では描きません。

その誕生からして非常に弱々しい、無力な存在として描いています。けれども、そんな小さく弱いいのちに出会った人々は、希望と優しさに溢れていきました。両親であるヨセフとマリア。この家族を受け入れた宿屋。寂しい野原で生活をせざるをえなかった羊飼い。そして、差別を受けていた東の国からやってきた博士たち。これらの人々は、小さなイエスの寝顔に希望を見つけたのでした。そして、とても安心をすることができたのでした。誰からも見捨てられたように思える人生で、この小さな赤ちゃんに「受け入れてもらった」と感じたからです。だから、一人ひとりはとても喜んだのです。この安心とあたたかさをもってお祝いをするのがクリスマスです。

今、私たちが生きているこの世界は「数が多いこと」、「何かができること」ばかりが尊ばれています。けれども、小さなこどもの寝顔の中に、それらでは決して感じることのできないあたたかさ、優しさ、可能性があることに心を伸ばすことができればと思います。こどもたちは、希望です。その希望をクリスマスの出来事を通して確かめ、大切に育んでいきたいと願っています。

 - 日記

ひとつ

 

ラグビーのW杯は南アフリカ代表が優勝し幕を閉じました。日本代表は目標にしていたベスト8に進み前回大会からさらに躍進を遂げました。ラグビーには印象的な言葉が多くあり、この間それらを耳にすることもよくありました。例えば「no side」。試合が終われば敵も味方の区別がなくなり、互いに健闘を褒めたたえるという精神を表します。また、「one for all,all for one」(ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために)という言葉も非常に有名ですし、さらには「one team」という言葉が代表チームのスローガンのように用いられもしました。

さて、これらの言葉はとても耳障りの良い言葉に思います。「ひとつになる!」ということが美しいことのように聞こえます。ラグビーW杯が終わって、東京オリンピックのマラソンと競歩の開催地が東京から札幌に変更になったことが話題になっています。その中で、「決まってしまったのだからノーサイド。ワンチームの精神で頑張りましょう」という趣旨のことが言われ、「ひとつになる」ことが何より大事という雰囲気が醸成されている気がします。でも、わたしはなんだかこの雰囲気が少し怖いなぁと感じています。

本来の「no side」や「one team」にはそれぞれの「違い」が尊重されている背景があるはずです。チームの違い、ポジションの違い、国籍の違い、得手不得手の違い。たくさんの違いが集まって、多様な背景があるからこそチームとして力が発揮され、試合後には喜びも悔しさも共にしながら互いを認め合う。そういう意味での「ひとつ」なはずです。けれども、今わたしたちの暮らしの中で使われる「ひとつになる」という言葉は多様な価値観を排除して作り上げようとしている「ひとつ」のような気がしてならないのです。異なる意見はなかったことにして、押し通してしまう。異なる思いを発する人は徹底的に批判される。本来、いろんな思いがあって、一つひとつ折り合いをつけながら話し合われ、作り上げられていくべきことが、しかしながら力の強い方、数の多い方が優先されて「ひとつ」とされていく。「ひとりがみんなのために」ということばかりが強いられ、「みんながたったひとり」のために、またその「たったひとりの声」に耳をかさなくなってしまってはいないでしょうか。

リタ幼稚園では「一人ひとりの違いを大切にすること」を保育の柱に据えていますが、それは今の時代を生きる上で非常に重要な事柄だと改めて考えさせられています。

 - 日記

■前の記事へ
ひとつ